カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
top_image

トップフィジーカーとの共同開発プロジェクトがスタート! 12/9(木)12:00発売!!

LEGENDSの新たなチャレンジである「トップフィジーカー共同開発プロジェクト」についてお知らせ致します。
本プロジェクトは、トレーニーに特化したウェアを手掛けてきたLEGENDSと、日本を代表するフィジーカーが共同で商品を開発し、トレーニングウェアの理想形を探究するプロジェクトです。



記念すべき初回は、穴見一佐選手を迎えての共同開発!

今回、LEGENDSとタッグを組んだ穴見選手は、 IFBB世界ジュニア選手権大会での優勝や、文部科学省「国際競技大会優秀者等表彰」の受賞など、輝かしい成績や受賞歴が物語る、まさにトップフィジーカー。 そんな穴見選手ならではの豊富な経験や知識とLEGENDSが持つノウハウを結集させ開発した商品は、トレーニング時の様々なシチュエーションを明確にイメージし、細部に渡って拘り抜いた自信作です。 その詳細について、穴見一佐選手に話を伺いました。



―穴見選手が持つトレーニングウェアへのこだわりを教えていただけますでしょうか?

穴見一佐選手(以下、穴見) 一番は素材の機能性ですね。通気性、速乾性、肌触り、伸縮性など素材の機能面をとても大切にしています。
あと、黒が好きなので、黒を基調にしたウェアを着用することが多いですね。


こだわり、通気性、黒

―今回開発した商品のポイント、特にこだわった点を教えていただきたいのですが、いかがですか?

穴見 今回は、Tシャツ、タンクトップ、レギンスの三種類のアイテムを開発しました。その中でも最もこだわったのはレギンスですので、そのポイントをお伝えしたいと思います。 まず一つ目はワイドなポケットを付けたことです。今まで多くのレギンスを履いてきましたが、ポケットがないものや、あっても小さいサイズのものが多く、鍵などの小さいものは入るけどスマホが入らなかったりするので不便を感じていました。

そこで今回の商品には、最新のiPhoneでも収納可能な程ワイドなポケットを付けました。レギンス生地の優れた伸縮性も相まってしっかり固定されるので、激しい運動でもポケットの中で動くことなく、安心してトレーニングに打ち込むことが出来ます。 ポケットは両サイドに付いているので、スマホだけではなく、簡単なトレーニングギアや、ロッカーキー、小銭なども入れていただけます。あと、トレーニングだけではなく、ランニング中に音楽を聴くのにも便利ですね。


レギンス

穴見 二つ目は裾に配置したファスナーです。 身体にフィットするレギンスは、トレーニングが終わった後など汗をかいている状態だと脱ぎづらさを感じることがあるんです。それを解消するために裾にファスナーを付け、汗をかいた状態でも脱ぎやすい設計になっています。 ファスナーはトレーニングの邪魔にならないよう、可動域の少ない足首の内側に配置しました。開閉時にすね毛を巻き込まないよう生地を内側に縫い付けたり、ファスナーヘッドが肌に当たらないよう生地でカバーしたりと細かい部分まで徹底的に拘っています。


レギンス

―そのあたりは陸上競技のご経験が活かされている気がしますね。

穴見 そうですね。陸上用のジャージはスパイクを履いたまま脱げるように裾にファスナーが付いているものが多かったので、それがヒントになっているのかもしれません。裾にファスナーが付いたレギンスというのは今まで見たことがなかったので、そこは新しい試みかなと思います。

―穴見選手はレギンスを好んでご着用されると聞きました。その理由をお聞かせいただけますか?

穴見 はい。私がレギンスを選ぶ理由としましては、トレーニング中に動きを阻害しない機能性はもちろんのこと、身体が映えるというのも大きな理由の一つです。スリムなボトムを履くことで逆三角形の体型が強調され、上半身が大きく見えるんです。 私がやっているフィジークという競技は上半身を重視して見る競技なので、下半身が引き締まっている方がプロポーションが良く見え、トレーニングのモチベーションにも繋がります。レギンス以外にもスリムなボトムはありますが、レギンスのタイトな着用感が「よし、やるぞ」っていう気持ちにさせてくれるのもレギンスを履く理由ですね。グッと引き締まる感じがするというか。 フィジーク競技に取り組んでいる方には是非着てほしい一枚ですね。

―タンクトップのこだわりについても教えていただけますでしょうか?

穴見 今回開発したタンクトップは、肩や背中のトレーニングで一番見たいところが見えるタンクトップです。 肩周りや脇下にゆとりをもたせた設計なので、肩全体や広背筋、大円筋も見え、使っている部位を確認しながらトレーニングすることが出来ます。例えばラットプルダウンのインターバル中などにパンプアップした広背筋や大円筋を見やすい設計になっているので、ぜひお試しいただきたいですね。 あと、背中の露出が抑えられているのもポイントです。背中がガバっと空いていると、オフシーズンで脂肪がのっているときは着づらいんです。通常のタンクトップに比べて露出が抑えられているので、オフシーズンでも気兼ねなく着用できるデザインになっています。


タンクトップ

―Tシャツに関してはいかがですか?

穴見 今回のTシャツはオーバーサイズシルエットになっています。 もちろんトレーニングで着用できるのですが、Tシャツの中にタンクトップを着てジムに行き、Tシャツを脱いでタンクトップでトレーニング、タンクトップを脱いで着てきたTシャツを着て帰る。そんな使い方もできるアイテムにしたかったんです。 そういう意味では、ジムの行き帰りでも着用できるファッション性に優れたデザインにも注目していただきたいですね。荷物を少なく出来るというのもメリットの一つです。 あと、なんと言っても速乾性。トレーニングをする方は、洗濯する頻度が多いかと思います。もちろん天気が悪い日があったり、ベランダがない家や、あっても外に洗濯物が干せない家もあります。そうなると必然的に部屋干しになってしまい、ニオイが残ってしまう事もしばしば・・・。ジム内での衣類のニオイって結構気になるものなんです。自分の匂いでも他の人の匂いでも。 そんな時に、速乾性があるアイテムだと本当に嬉しい。部屋干ししても、浴室乾燥でも匂いが残りづらい。また、トレーニング中にかいた汗の匂いも残りづらい。周りにも配慮した素晴らしい機能性だと思います。


Tシャツ

―速乾性の良いウェアは世の中に溢れていますが、他との違いなどあれば教えて下さい。

穴見 速乾性と肌触りの両立です。 コンテスト出場に向けて日焼けサロンに通う選手も多いと思うのですが、日焼け中って肌がすごく敏感になっているんです。 そういう時にトレーニングをしていると、ベンチプレスで背中にシートあたったりとか、シーテッドローで胸にパットがあたったりとか、結構肌がチクチク痛いんです。 そこで、日焼け中の肌にも優しい柔らかい肌触りの生地にしたかったんです。 さらに柔らかいだけではなく、耐久性も優れているので、速乾性、肌触り、耐久性と走攻守そろったウェアになっていると思います。


―今回の共同開発では、何度も修正も重ね商品化にたどり着いたわけですが、本日出来上がった商品を着用した率直な感想をお願いします。

穴見 まず、Tシャツとタンクトップに関しては、最も意識した点である速乾性が非常に優れていてトレーニングしやすかったです。 トレーニングされる方は代謝が良いので汗をかきやすかったりすると思うんですけど、そういった方でもご満足いただけそうだなと思いました。私も今日トレーニングして、結構汗をかいたんですけど、すぐ乾いて、匂いの残らなさにもつながっていることが実感できました。 次にレギンスについてですが、特にレギンスの良さを体感できるのが足のトレーニングだと思います。 今日も足のトレーニングをしましたが、本当に動かしやすい。僕個人としては短パンと同じくらい足を動かしやすいです。いや、短パン以上ですね。ある程度締め付けがあることで、トレーニング時に鍛えている筋肉を意識しやすいのも嬉しい点です。


着用テスト

―開発時には、サンプルを実際ご着用いただき着用テストを行ってきました。サンプルを着用して最初に行ったトレーニングはなんですか?

穴見 たまたま届いた日が胸の日だったので、胸のトレーニングをやりました。その時期はオールジャパンに向けて日焼け中で肌が敏感になっていましたが、全く痛くなかったです。 いい意味で寝間着というか(笑)寝るときにでも着られるくらい優しい肌触りです。大会前に余計なストレスがかからずトレーニング出来たのは嬉しかったですね。

―このインタビュー記事はたくさんの方が見てくださっていると思うんですけど、特にどういう方にどんな場面で着用してもらいたいですか?

穴見 もちろん一番はトレーニング中に着てもらいたいんですけど、それ以外にも多くの場面でご着用頂きたいですね。 例えばジムの行き帰り。今回のレギンスはレギンスのまま外出できるよう、レギンス感がないデザインにこだわってデザインされています。 実際僕も休憩中にレギンスのまま外出してコンビニに行ったり、ご飯を食べに行ったりしていましたが、全く抵抗なかったですね。家から着用して、そのままジムでトレーニングに入るというのも有りだと思います。 あと、ウェイトトレーニング以外でも、例えば陸上競技やラグビーなどのアスリートの方々にもオススメの商品になっていますので、練習着としてご着用いただきたいですね。


―最後に、この商品を手にされる方々にメッセージをお願いします。

穴見 着用、洗濯を繰り返すことになると思うのですが、本当に乾くのが早くてびっくりすると思います。トレーニングした夜に洗濯をしても朝にはしっかり乾いているので、毎日でも来てもらいたいですね。



穴見一佐

穴見一佐

1997年8月27日生まれ、福岡県福岡市出身。
身長177cm、体重72kg(オン)78kg(オフ)。

大会デビュー戦は2016 年のベストボディ・ジャパン・カレッジ部門。2018 年よりJBBFメンズフィジークで活動。
JBBFオールジャパン選手権、IFBB世界ジュニア選手権を制し、スポーツ庁から国際競技大会優秀賞を受賞するなど、名実ともに日本を代表するフィジーカー。


コチラで紹介したトップフィジーカーとの共同開発プロジェクトアイテムは
2021年12月9日12:00から当サイトで販売を開始いたします。

それぞれの商品に関しての詳細は、商品ページに詳しく記載しております。ぜひそちらも一読くださいませ。
商品ページはコチラ。